水郡線よりみちガイド

茨城県植物園

自然に親しみ動植物を学ぶ

茨城県植物園は、昭和56年に開園し、12.0haの園内には、約600種、約5万本の植物があり、植物の知識を学びながら、四季折々に楽しむことができ、憩いの場として利用されています。園内には、噴水のある美しい沈床園、回遊式庭園の岩石園などがあり、また東南アジアの熱帯・亜熱帯に生息する植物、約240種,約23,000本が植栽され、四季を通して観察し学習できる熱帯植物館もあります。

隣には、64.7haのアカマツ等の自然林からなる県民の森があり、自然に親しみ、休養しながら動植物について学べる施設になっています。県民の森内には自然とのふれあいや木の良さの普及啓発と木造建築物の普及促進を図るための森のカルチャ-センタ-、野生の鳥獣に対する知識を深めるための鳥獣センタ-などがあります。

植物園の隣には、きのこや山菜などの特用林産物と人の暮らしとのかかわりや森林の役割について楽しく学べるきのこ博士館があります。

DATA

所在地
那珂市戸4589
アクセス
水郡線瓜連駅よりタクシーで約10分
入園料
●植物園 120円(高校生以上)
●熱帯植物館 大人380円
 ※ 中学生以下及び70才以上は入園・館料とも無料
●県民の森、森のカルチャ-センタ-、鳥獣センター、きのこ博士館 無料
開園時間
●植物園
 9:00~16:30
●熱帯植物館
 9:30~16:00
●森のカルチャ-センタ-・鳥獣センター・きのこ博士館
 9:00~16:30
●県民の森
  8:30~17:00(4~9月)
  9:00~16:30(10~3月)
休園日
毎週月曜日(休日にあたるときはその翌日)※県民の森は除く 12月29日~1月3日
お問合せ
029-295-2150

「県民の森」で森林浴
散策にもおすすめです

きのこのことなら何でもわかる
「きのこ博士館」