水郡線よりみちガイド

関戸神社のカシとケヤキ

樹齢500年を誇る大木

久慈川沿いの森の中にたたずむ関戸神社。ここは昔、常陸と奥州の境界として16世紀に保内郷が常陸国に編入されるまで、焼山(たきやま)関という関所が置かれていたところ。樹齢500年のカシとケヤキの木があり、静かな境内にいると、魂の休息にひたっているようです。

DATA

所在地
久慈郡大子町頃藤6503
アクセス
上小川駅より徒歩15分
お問合せ
02957-4-0501

静かな境内で訪れた人を
見下ろしています